部品交換について

時計修理の上で部品交換は、動作性能を大きく左右し、時計を長持ちさせるために避けて通れない場合がございます。部品交換は大きく分けると3種類の方法があります。
 
1) 純正部品で交換する
交換が必要な場合、基本的にはメーカーの純正部品で交換します。部品同士の馴れ合いも良いです。高級メーカーの部品は高いですが、それでも作業効率が上がるメリットで工賃が緩和されますので、アフターマーケット品と費用総額が大して変わらないこともございます。
 
2) アフターマーケット品(非純正品、社外製)で交換する
これは純正部品がメーカーおよび市場に無い場合です。そのまま交換しようとしても合わないことの方が多く再加工を必要とします。部品は純正より当然安いですが工賃で高くなることも。
 
3) 部品を作成する
これは最終手段です。純正部品もアフターマーケット品も無い時の最終手段になります。上記2つも含めてどの方法より、どうしても費用は高くなりますが、どうしても直したい時計で弊社の技術と世界中の時計技師ネットワークでお役に立てるならば、とことんお付き合い致します。メーカーはもちろん他の修理店で断られたアンティーク時計をお直しします。




HOME | 修復、修理 | 腕時計、クロックの修理・修復・分解掃除・電池交換 | 部品交換について 部品作成、純正部品、アフターマーケットのこと