古来、人間は夜空に瞬く星を眺めて、その位置関係から時間を計っていました。時を計る道具は時代と共に進化し、18世紀末、時計の歴史を200年縮めたといわれる天才時計技師ブレゲの出現によって、今現在使われている機械式時計の機能の殆どが確立されたと言われています。
もともとは携帯用として作られた懐中時計が装飾を施されるようになり、優れた機能と共に装飾の善し悪しがその価値の差を分けるといわれています。今の時代だからこそ、時計の原点である懐中時計の奥深さは人を魅了するのだと思うのです。



















取材協力