HOME | お取り扱いのアンティーク | 輸出伊万里焼、古九谷焼、鍋島焼、薩摩焼

輸出伊万里は江戸時代、東インド会社を経て、ヨーロッパ各地へ輸出された伊万里焼のことです。
その特徴は、ヨーロッパ人の趣向に合わせて、日本では見かけることが少ない大型品、豪華絢爛な絵付け、柿右衛門手(初期)が主流でした。 また、現代になり、海を越えて日本に持ち帰られたこのような品を「伊万里の里帰り」と言います。 ヨーロッパのお城では伊万里焼きが壁に埋め込まれ模様になっていたり、王侯貴族が収集を競った時代がありました。 西洋高級磁器マイセンも伊万里焼をルーツとしています。
欧米でアンティークを買い付ける際、質の良い伊万里焼を見付けては買い戻すのも西洋アンティークディーラーとしての仕事のひとつです。 東京や京都の老舗割烹・料亭にもお取引させていただいた実績もございます。 里帰り品ならではのエキゾチックな醍醐味を是非ご堪能下さい。

A&Oでは、江戸期に海外へ輸出され、ヨーロッパの磁器メーカーに影響を与えた 輸出伊万里焼、鍋島焼、九谷焼、薩摩焼 を里帰り品させて取り扱いしています。

HOME | お取り扱いのアンティーク | 輸出伊万里焼、古九谷焼、鍋島焼、薩摩焼



















取材協力