日本語   /   English


WE LOVE BAGELS

喫茶室で提供しているベーグルホットサンドとの出会いのお話です。店内での調理はスタッフ任せですが、オーナーである僕もカテゴリー問わず料理をひととおりこなせるルーツにもなっています。👨‍🍳
 
既にご存じの方も多いかと存じますが弊店のベースは西洋アンティークと美術品の輸入取引と、その関連業務となっています。僕が海外出張先でいつも困るのが食事。基本、和食派でお米と出汁が無いと生きていけないタイプ。
西ヨーロッパ圏は、高福祉国家で消費税が20%以上と高い国が多く、ローカルの自炊率は若い子たちも含めてたいへん高いです。反面、日本のように外食文化が育ちにくい環境なので、ジャンクフードが多くて日本人が口にして美味しいと思える機会が少ないんです。
そんな中で唯一美味しいと思えた料理が、プレーンなベーグルを焼いて生野菜やエッグ、ハム、チーズ、スモーク類を好みで挟んて食べるホットサンド。素材の味が活きていて毎日食べても飽きることがなかった。
ヨーロッパは各国、食料自給率は高いので高品質な肉野菜が手に入りやすい。ベーグルサンドのように素材感で食べるのに適した環境が備わっています。
ホテルの朝食ビュッフェや、スーパーマーケットでベーグルと具材になりそうな食材を買って自分で調理していた。そんな厳しい環境から生まれたレシピが喫茶室で提供されているベーグルホットサンドたちなんです。美味しくないものは提供したくない!😋

HOME | 喫茶室(A&Oカフェ) | 喫茶室のこと | ベーグルホットサンドと僕