Lenzkirch
レンツキルヒ 1849年~1932年

 

レンツキルヒ社は当時、信頼性が低かったブラックフォレスト時計の精度を飛躍させた時計メーカーで、創設者Eduard Hauser (エドワード・ハウザー)と、パートナーのイグナス・ショパーレ、ハウザーの息子達の努力によって最高峰の時計を製造していました。

エドワード・ハウザーは元々腕の良いオルゴール職人で、フランス、スイス、イギリスを渡り歩き機械式時計の製作技術を学びとりました。 1849年、ブラックフォレスト地方(バーデン=ヴュルテンベルク州シュヴァルツヴァルト)の小さな町レンツキルヒ(Lenzkirch)でイグナス・ショパーレと共に小さな工房を設立。 現在は、時計が特産品として知られるブラックフォレストでレンツキルヒ社は最も古い歴史を持つメーカーの一つです。
レンツキルヒは設立初期、ある大きな問題を抱えていました。 時計の心臓部となるムーブメントを作るだけの工房で、19世紀中期、それまで作られていた木製ケースの時計というのは、心臓部となる機械を作るメーカーが、木製ケースを作るメーカーから在庫にあるものだけを買い取って組み合わせるというようなパートナーシップが形成されない製造方法でした。 当然、木製ケースの意匠が機械メーカの望むものにならず、ちぐはぐな時計しか作れない時代でした。
1850年中期、資金難で破綻寸前の危機に晒されることもありましたが、「時計のあらゆる部品は、時計メーカーが全て作らなければならない。組み立てから正確に時を刻むことができる調整までを一貫できる組織作りを。」 という創業者ハウザーの信念のもと、会社は徐々に大きくなっていきました。
1860年、ヴィリンゲンの世界産業展で金賞、その翌年1861年のカールスルーハ世界産業展で金賞を受賞しました。 その後、レンツキルヒ社は世界最高峰の時計を作り出す工房として君臨しました。
1932年、世界恐慌が原因でユンハンス社に吸収され全ての建物と著作の全権利を売り渡しました。
 

レンツキルヒ製造年表

Year Serial
1851 4,600
1855 21,000
1860 31,800
1865 40,000
1870 165,000
1875 227,000
1880 500,000
1885 655,000
1890 700,000
1895 810,000
1900 1,000,000
1928 1,600,000

レンツキルヒの特徴

レンツキルヒが市場に出回る時は、とにかく秀逸な作品が多く、安心して仕入れを決められます。 シンプルな木匠に注目が集まりがちですが、細部に至るまでのクォリティーが真面目で、絶対に妥協しないという物作りへの拘りを感じます。 100年以上経っても木部に反りが見られないというような、重量のある目の詰まった上質な木材(オーク、ウォールナット)を使用していることが伺えます。 グスタフベッカーを男性にたとえると、レンツキルヒは女性。 同社の時計はアールヌーボー期~アールデコ期を象徴するように曲線的な柔らかいシンプルなデザインで、主流として木製ケースの彫刻に繊細な草花をあしらった作品を多く残しています。 男性のみならず、女性層のコレクターに根強い人気を誇っています。








取材協力