機械式時計に特化した修理・修復です。 オーバーホール、機械部位の再生、文字盤(琺瑯、ペイント、プリント、紙、エナメル)の再生、リダン、外装研磨、風防の交換、本革ベルトのカスタムオーダーなど。 文字盤の再生は、日本国内でも珍しいサービスです。
 
機械式時計は、使い続けていくことで、所有者の生活リズムを刻み、次第に所有者自身の時計に成長する生き物です。 想い出の時計が末永く使い続けられるように、次の世代へ受け継がれていくために、A&Oの時計修復サポートを是非ご利用下さい。 英国立時計技師(BHI認定)*1の資格を有するスタッフが貴方の大切な時計を安心かつ丁寧に修復致します。 他店で購入されて、修理・メンテナンスを断られた時計もご相談下さい。
ロレックス社やオメガなどのアンティークウォッチは、純正部品であってもメーカーでの対応を断られるケースが多いということもあって昨今は弊社へのお問い合わせ・ご相談が多くなっている傾向です。

 

*1 : BHI(British Horological Institute)は、英国時計修復技工士を認定する国家機関のことです。

 

「まだ動くから」と使い続けていませんか?

機械式時計が動作不良になる原因の殆どは、潤滑油の劣化による油切れから始まります。 時計の潤滑油はおおよそ3~5年で劣化して硬化します。 腕時計の場合、大小30~80個の金属部品で構成されていて、部品同士の摩耗を減らすための潤滑油になります。 自動車でいうエンジンオイルと同じ役割です。 油が劣化し効力が切れると、部品同士の摩擦圧が上昇して、部品が互いに削りあい消耗し始めます。 これを放っておくと、動作不良を引き起こし、末期は破損します。
 
ありがちなのが、まだ動くからとメンテナンスせずに使い続け、「全く動かなくなった」と持ち込まれると、大体が内部で何かが破損しています。 当然、その場合はオーバーホールのようなメンテナンスではなく、修理での対応になりますので、費用はご想像のとおり高額が予想されます。ですから、早め早めの対処が結局、経済的には良いのです。
そして、「機械式時計は維持費が高い」という消費者全体のマイナスなイメージも、オーバーホールではなく、上記のような修理として対応にしているケースが多いからだと思われます。 販売店が、時計の使用方法やメンテナンスの役割を、購入者にきちんとレクチャーしていないことも大きな原因です。
時計も人間と一緒で病院に行くしご飯も食べないといけませんし、逆に何もせずに3~5年も動き続け時間を知らせてくれるのですから車より優秀ではないでしょうか。

ロレックス・サブマリーナRef5512の修理

初見の修理・診断と見積もり費用について

  • お持ち込みの品(他店で購入された時計を修理ご依頼頂く場合)につきましては、初見の診断に¥5,000~¥15,000の見積もり費用が掛かります。診断後、そのまま修理を依頼された場合は、総額の修理費用から診断料を減算しますので実質無料となります。診断後、修理をキャンセルされた場合は、診断料は返金されませんのでご了承下さい。弊社で修理不可能と診断された場合につきましては、見積もり費用は発生しません。

 

  • お持ち込みの品の初見の修理につきましては、基本施行(オーバーホール)を必須とさせていただいています。長期間メンテナンスしていない品になると、いったん裏蓋をこじ開けたら腐食や凹みが原因で修理をキャンセルされても、初見前の状態に戻せずに、そのまま修理しないといけないケースが多いためです。ですので、「電池のみ交換したい」 「風防のみ交換したい」 「外装に傷が目立つので研磨のみして欲しい」 という部分的な修理のみの対応はしていません。A&Oで基本施行させていただいたのち3年間は、準施行(基本施行より割安)を含む部分修理で対応させていただきます。基本施行の料金の目安は、下記の料金表を参照ください。

オーバーホール(分解掃除)に使用する道具たち

 

診断料について

お持ち込みの品(他店で購入された時計を修理ご依頼頂く場合)につきましては、初見の診断に¥5,000~¥15,000 の費用を頂くようになりました。 診断後、そのまま修理を依頼された場合は、総額の修理費用から診断料を差し引き、残額を請求致しますので実質無料になります。 診断後、修理をキャンセルされた場合は、診断料は返金されませんのでご了承下さい。
長年使用してきた大事な時計をなんとか修理されたいと、持ち込みいただく依頼が年々増えており、弊社の技術とアフターサービスを信頼頂けて光栄に思います。 しかし、興味本位で持ち込みされて、診断後、安易に修理キャンセルをされるケースも増えています。 複雑な構造の機械式時計の不良箇所を探し当て、どのように修理していくのか様々な視点からアプローチして、最終的な方法を導き出し提案差し上げるに至るまで、高度な技術と多くの時間を要しています。 国内外で提携する技術スタッフと総力で直しています。 診断料について、どうぞご了承頂けますよう宜しくお願い申し上げます。

 

 

基本施工(オーバーホール)

壁掛け時計 分銅引き ゼンマイ式
ホールクロック(グランドファザー、グランドマザー)
腕時計(国産) マニュアル(手巻き)
腕時計(国産) オートマチック(自動巻)
腕時計(国産) クロノグラフ(2レジスター)
腕時計(国産) クロノグラフ(3レジスター)
腕時計(外国製) マニュアル(手巻き)
腕時計(外国製) オートマチック(自動巻)
腕時計(外国製) クロノグラフ(2レジスター)
腕時計(外国製) クロノグラフ(3レジスター)
懐中時計
クォーツ式 *2

¥35,000~
応談
¥30,000~
¥30,000~
¥35,000~
¥45,000~
¥40,000~
¥40,000~
¥50,000~
¥55,000~
¥28,000~
¥28,000~

特殊な修復・修理

プリント、塗りの文字盤再生(リダン)
琺瑯、エナメル、陶器の文字盤再生(焼き直し)
樹脂製の文字盤再生(ベークライト、セルロイド)

¥30,000~
¥40,000~
¥35,000~

*2 クオーツ式につきましては、修理不可能なケースもあります。
*会員価格(A&Oでご購入いただいた時計)は、正規料金より10~15%offとなっています。

HOME | 修復 修理 | 機械式時計の修復・修理









 

取材協力