HOME | お取り扱いのアンティーク | 磁器、陶器 | スージー・クーパー

 

シリアル
1923 2866 - 5100
1924 5101 - 5250
1925 5251 - 5370
1926 5371 - 6900
1927 6901 - 7460
1928 7461 - 8329
1929 - 1930 E41 - E153
1931 - 1935 E154 - 1023
1936 - 1940 1024 - 1899
1941 - 1942 1900 - 2019
1942 - 1945 工場焼失
1946 - 1950 2020 - 2219
1951 - 1955 2220 - 2309
1956 - 1960 2310 - 2406
1961 - 1964 2407 - 2429
1951 - 1955 C1 - C702
1956 - 1960 C703 - C1052
1961 - 1966 C1053 - C2099

Susie Cooper
スージー・クーパー 1902年~1995年


スージー・クーパーは英国の食器デザイナーです。 60年以上もの間デザインを続け、英国の20世紀を代表する女性デザイナーと言われています。とくにスージーのデザインに代表される1930年以降の「フローラルデザイン」は、当時のアールデコ芸術の風潮で描かれた可愛らしくも可憐な動植物たちでした。
1995年、日本である一冊の本が発売されました。 「スージー・クーパーのある暮らし」という本です。 この本が大ブレイクし、瞬く間に日本でのスージークーパーの人気が急上昇したのです。 この年、スージーが他界したことも重なって、英国では、いままで「ヴィンテージ雑貨等」でしかなかったスージークーパーの価値が再評価され、マーケットは急上昇し価格が高騰化ました。 この時スージークーパーの作品は「アンティーク」になったのです。 加えてスージー・クーパーの価値を押し上げたのは、英国のコレクターではなくて日本のファンであったことは非常に特殊なケースなのです。日本人の心を射止めたスージークーパーの食器たち・・ 何故か不思議と昔の懐かしい雰囲気がするのです♪

バックスタンプマークの歴史

Galleon(ガレオン)

ハンドペイント(手書き)のシリーズで、スージーがグレイ社に在籍していた時代(1921-1931)年に使われました。
「DESIGNED BY SUSIE COOPER」の文字は見られません。写真のように、スタンプの上や下にパターンネーム(たとえばHarmonyやSummertimeなど)が押されているものもありますが、それらはわずかです。

Gloria Lustre(グロリア・ラスター)

1923-1928年。グレイ社時代のグロリアラスターにだけ使われたスタンプ。スタンプカラーのバリエーションは、黒・黄、金、黒 があります。グロリアラスターの作品では、「モノグラム」といって、特に意味のない記号のような文字が一緒に書かれている作品が多くあります。

 

 

Ocean Liner(オーシャン・ライナー)

グレイ社時代。1926-1931年。この蒸気船のマークは「DESIGNED BY SUSIE COOPER」の文字と共に、スージーがデザインした作品に多く使われました。実際は1923年頃から使われていたようですが、最初は「DESIGNED BY SUSIE COOPER」の文字は入っていませんでした。パターンネームが入っているものなど、いくつかのバリエーションがあります。

Clipper(クリッパー)

1931-61年。1931年にはすでにスージーはグレイ社を辞めていますが、在籍中にデザインされ、31年以後も売られた作品に関してはこのバックスタンプが押されているケースが多いようです。間違いなくスージーのデザインである作品でもこのマークが使われているものが沢山あります。これが混乱を招いているひとつの原因です。

Tunstall Triangle(タンストル・トライアングル)

1929年のみ。独立直後の三角形のゴム印によるバックスタンプで使用期間も1年とかなり短く、大変珍しいものです。

Burslem Triangle(バーズレム・トライアングル)

 
1930-1932年。独立直後の三角形のゴム印によるバックスタンプで大変珍しいものです。外側の5角形に囲われていないもの、色違いなど各種存在します。

Triangle(トライアングル)

1930-1932年。独立直後の三角形のゴム印によるバックスタンプで大変珍しいものです。このタイプは今のところ黒色スタンプしか見たことがありません。

E108 Triangle(E108 トライアングル)

1930-1932年。独立直後の三角形のゴム印によるバックスタンプで大変珍しいものです。 スージーはグレイ社で自身がデザインしたパターンを自社でも生産するために白い無地の器(ブランクス)を買っていたようです。このバックスタンプの時のパターンナンバーは全てE108。

HOME | お取り扱いのアンティーク | 磁器、陶器 | スージー・クーパー




















取材協力