2016年8月1日
 

 
 

アンティークの照明 ご提案・販売について


 

 

 

 

 

A&Oで取り扱うアンティークの照明は主にフランス、イギリス、ドイツの出自が多いです。

シャンデリア、シェード、ランプ、壁灯、ペンダントなどジャンルは様々で、修理・改良に必要な電球、電気コード、金具など照明用パーツも販売しています。

シャンデリアの場合は完成品なので、そのままで検討頂けるのですが、パーツを購入されて組み合わせ次第で好みの照明を作ることも可能なので、どうしようか迷われてお問い合せいただくことも多いアンティークの照明たちです。

ご相談頂ければ、部屋の広さ、天井高、導線やレイアウトから技術的に取り付け可能な照明を選別して提案します。 アンティーク家具や建具・建材の導入も前提に住宅・店舗設計から提案さしあげることも可能ですのでお気軽にご相談下さい。 一般的な取り付け方法は、こちらの図で参照いただけます。

一番大事なのは、現状の部屋の雰囲気に合わせることではなく、最終目標とされるお部屋の雰囲気を念頭によく考えていただきたいということ。 せっかくアンティーク照明を選ばれるのですから、大胆にイメージチェンジするくらいの勢いも大切です。 数年前は、シンプルな模様で無色白系のガラスを選ばれていく傾向でしたが、去年くらいからは造形が入っていたり、数色入った趣のある雰囲気のガラスが選ばれていく傾向です。

どっちが良いかと聞かれれば、造形や色が入った照明をお薦めします。 無色白系も綺麗なのですが、日本人はどうしても質素で無難な色形を好まれる傾向ですので、現状のお部屋の雰囲気や置いてある家具も比例して無難な場合が多いです。 そういう空間に無色白系では同調して馴染みすぎてしまい、せっかくのアンティーク照明も個性を発揮されず、時間が経つと所有者が面白味を感じなくなってしまうことが多いでからです。

ですから、A&Oのアンティーク照明が気になった時は、先ずはスタッフにお声かけ下さい。 世代を越えて、託し受け継がれるお住まい創りを私たちと一緒に考えましょう。

HOME | ライブラリー | アンティークの照明 ご提案・販売について

取材協力