海外オークション代行 江戸後期~明治時代の日本工芸品

今回の海外オークション代行の依頼は、海外に流出した江戸後期~明治時代の日本工芸品。

日本の国宝レベルの美術品、工芸品の多くが海外流出してしまっています。特に明治以降、文明開化で日本の伝統工芸職人は仕事が激減しました。それをパトロンとなり援助したのが海外の資産家たち。彫金技術が頂点に達した時代でもあるので、国宝クラスの秀作がこの時期に集中しています。日本の誇りと謳っている物作りのルーツや概念というのは、この時代に形成されたと思われます。日本が富国強兵政策で戦争の道を辿りだすと、欧米人は退去命令によって援助が絶たれます。それを境に日本の伝統工芸は衰退していきました。援助を失ったこの時代の職人の末路というのは、得てして悲惨だったそうです…😔
近年、それを買い戻そうという日本人のナショナリズムも仕事を通じて楽しませていただいてます。