カテゴリー別アーカイブ: 新着商品

アラバスター(雪花石膏)の1灯シャンデリア 1920年代アールデコ期フランス lu-96


1920年代アールデコ期、アラバスター(雪花石膏)のシャンデリア。ブロンズで作られた薔薇の擬宝珠も可愛らしい一降りです。シンプルモダンなデザインなので、北欧、ブロカント、ハイスタイルの空間などに似合いそうです。フランスの石工作家の手による物と思われますがサインが無いので無銘とさせていただきます。

アラバスター(Alabaster)は美しい白色の鉱石の変種のひとつで、その特徴的な美しい白さゆえ「白いもの」の形容として、例えば英語では”alabaster skin”(白く滑らかな肌)といった表現で詩や歌などで使われています。

カテゴリー: 1灯シャンデリア
制作期: 1920年頃
製法: アラバスター(雪花石膏)、ブロンズ
サイズ: 高さ45cm 直径35cm
重量: 約5kg

電配線は、日本仕様に交換済みです。電球口金は、B22Dをお買い求め下さい。

A&Oオンラインストア
http://aando-since1993.net/?pid=136047565

 

欧米からアンティークの建材が複数入荷しました。 

アンティークの建材が複数入荷しました。オンラインストアに順次アップしていきますのでしばらくお待ちください。

お客さんが手に触れる物には特に拘りを持ちたい。A&Oは、そんな家作り、お店作りをされたいオーナーさんに向けてアンティーク建材を取り扱いしています。主には欧米の古い建築物からサルベージしてきたハードウェアです。真鍮で作られたドアノブ、ハンドル、陶器のスイッチやドアベル、鋳物のポスト、照明の部材まで幅広く取り扱いしてます。
主なクライアントは建築関係の業者さんにご利用いただく機会が多いですが、エンドユーザー(施主さん)にもじわじわと需要が広がってきてます。

☝️常時数千点の在庫を保管してますので、直接商品をご覧になりたい場合はオンラインストアで先ず商品を確認されてからの来店をお薦めします。

A&Oオンラインストア
http://aando-since1993.net/…

#アンティーク建具 #真鍮ドアノブ #真鍮ドアハンドル #ショップフィッティング #DIY #リノベーション #アンティークドアハンドル #建築金物 #ハードウェア #hardware #アンティークアンドオールディーズ #aando #antiquesandoldies #山口県のアンティークショップ

長谷川潔 女性像 『花と星』 銅版画エッチング Kiyoshi Hasegawa 1935年頃


長谷川潔の銅板画です。
彼の背景を漆黒に塗りつぶすのを特徴とするメゾチント技法が確立する以前の作品で、フランス政府からレジオン・ドヌール勲章を受章した1935年前後の作品と思われます。黒く描いた五芒星をグラデーションにはメゾチントが垣間見えます。エッチングの世界に、さまざまな可能性を模索していたことが伺えます。メランコリックな表情をした女性像を描いた作品が多く、星や花を描き添えることで可憐さが極まって母性愛さえ感じさせます。当時のキュビズムともフォーヴィズムとも一線を画した独特の感性が僕の琴線を揺さぶる一枚です。彼の背景を漆黒に塗りつぶすのを特徴とするメゾチント技法が確立する以前の作品で、フランス政府からレジオン・ドヌール勲章を受章した1935年前後の作品と思われます。黒く描いた五芒星に明暗のグラデーションで刷られていることはメゾチントのルーツが垣間見えますし、エッチングの世界に、さまざまな可能性を模索していたことが伺えます。メランコリックな表情をした女性像を描いた作品が多く、星や花を描き添えることで可憐さが極まって母性愛さえ感じさせます。当時のキュビズムともフォーヴィズムとも一線を画した独特の感性が僕の琴線を揺さぶる一枚です。彼の背景を漆黒に塗りつぶすのを特徴とするメゾチント技法が確立する以前の作品で、フランス政府からレジオン・ドヌール勲章を受章した1935年前後の作品と思われます。黒く描いた五芒星に明暗のグラデーションで刷られていることはメゾチントのルーツが垣間見えますし、エッチングの世界に、さまざまな可能性を模索していたことが伺えます。メランコリックな表情をした女性像を描いた作品が多く、星や花を描き添えることで可憐さが極まって母性愛さえ感じさせます。当時のキュビズムともフォーヴィズムとも一線を画した独特の感性が僕の琴線を揺さぶる一枚です。

制作期: 1935年頃
原作者: 長谷川潔(Kiyoshi Hasegawa 1891-1980)
製法: 銅版画、エッチング、メゾチント、ドライポイント
部数: この頃の版画は、原板を芸術家が自ら仕上げ刷り上げています。版画を芸術様式の一部、作品の一つとする要素が強いので、何枚中何枚を記載する概念がありません。
作品サイズ: 16.7×9.3cm
トリムサイズ: 16.0×8.3cm
額装サイズ 30.3×22.5cm

長谷川潔(Kiyoshi Hasegawa 1891-1980)
メゾチントといわれる古い銅板画技法を復活させたことで有名な天才版画家。27歳で渡仏して一度も日本に帰らずパリで没しました。特にインクに強い拘りがあり「黒の版画家」と称されるほど。「黒には7色ある」とマニアックに語っていたそうです。ルーブル美術館に作品が所蔵されています。フランス政府からレジオン・ドヌール勲章、文化勲章を受章。小説家の村上春樹も彼のファンで作品をコレクションしていることをインタビュー集『夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです』で語っています。

ドーム兄弟  ケイトウ カメオ1灯シャンデリア アールヌーヴォー Daum Nancy lu-94

1910年代アールヌーヴォー期、パート・ド・ヴェール(練硝子)の素地にアシッドヴェール(腐食技法、カメオガラス)が施されたドーム兄弟の1灯吊りシャンデリア。鎖などの金具はルイ・マジョレル作と思われます。

モチーフはケイトウという花です。その名のとおり、🐓雄鶏の冠(トサカ)の形をしていることから命名されました。英名もコックスコブ(Cock comb)といい、和名と同意語になります。

ケイトウの原産はインドで、日本では奈良時代、大陸を経由(おそらくは鑑真の渡日と一緒に)して伝わり万葉集の歌でも詠まれている日本でも古くから馴染みのある花です。

円形のガラス縁を這うようにケイトウのリーフがエッチングされてます。江戸中期の絵師、伊藤若冲が描いたケイトウを連想させる大胆な構図です。ドーム兄弟と若冲が活躍した年代には100年の差があるものの、温暖な気候に咲くケイトウはドーム兄弟がアトリエを構えていた寒地のナンシーでは当時見られなかったと思いますので、フランスでジャポニズム芸術が流行したときに、何かしら若冲の資料がドーム兄弟の手に渡っていたのかもしれないと想像を膨らませると、時を経て海を渡った壮大なロマンを感じるのです。また、ケイトウは燃えるように真っ赤に咲く種類が多いことからも、この色彩構成は日本芸術の影響を強く受けていると考察します。

ケイトウの花言葉は、真っ赤なトサカを持ち、胸を張って歩く雄鶏のように見えることから、「おしゃれ」「気取り屋」という花言葉が生まれました。また、ドライフラワーにしてもあまり色あせないことから、「色あせぬ恋」という花言葉がついたようです。

カテゴリー: 1灯シャンデリア
制作期: 1900~1910年頃
製法: パート・ド・ヴェール、アシッドヴェール、鍛鉄
サイズ: 幅31cm 最大高さ45cm(鎖で高さは調整可能)
重量: 約7kg

電配線は、日本仕様に交換済みです。電球口金は、B22Dをお買い求め下さい。

カルティエ サントス‐デュモン W2006951 18KPG ピンクゴールド Cartier Santos Dumont

CARTIER Santos-Dumont W2006951 18K Rose Gold Men’s Watch

1904年、ブラジル人飛行士アルベルト・サントス・デュモン(1873-1932)が飛行中に時刻を確認したいという願いをかなえるために、彼の友人であったルイ・カルティエが作ったことがこの時計の始まりです。今日、サントス・デュモンは「飛行機の父」「飛行機王」と呼ばれるほど偉大な発明家として知られいます。また、ブラジル有数の平和主義者でもありました。幾何学的なフォルムとビスモチーフを特徴とするこのモデルは、瞬く間にカルティエ ウォッチのアイコンとなりました。

腕時計業界の中でも、珍しいドレスタイプのパイロットウォッチであり、カルティエのサントスシリーズの中でも最大サイズなのがサントス・デュモンです。フラットで適度な厚みとカーヴが腕にしっくりくる、カルティエ特有のローマンインデックスのダイヤルが美しいです。
2002年、スイス時計メーカーを震撼させたETA ムーブメント供給問題から10年後、同社はマニファクチュール(ムーブメントを含め全ての部品を自社開発する時計メーカーのこと)に方向転換。これはスイスの時計メーカーでも少ない成功例と言えるでしょう。古豪復活を感じさせる一品ではないでしょうか。○面ライダー変身にでもしそうなデカ厚の流行がしばらく続きましたが、もうそろそろ終わりを告げるころ。A&Oはシンプル&フラットという選択を提案致します。

カテゴリー: カルティエ サントス‐デュモン
製造年月日: 2015年
製法: Cartier Calibre 430 MC (自社開発)、18KPGケース(ピンクゴールド)、手巻き、サファイアクリスタル風防、アリゲーター ストラップ、18K ピンクゴールド製アジャスタブル デプロワイヤント バックル(18KPG)ケースサイズ:44.6mm x 34.6mm、厚さ:5.58mm。日常生活防水、七角形リューズにファセットを施したサファイア、ロジウム加工ダイアル、40時間リザーブ、保証書&共箱

A&Oオンラインストア
http://aando-since1993.net/?pid=134546299

※ 本品をお買いあげの際には、弊店の保証約款上、分解掃除ののちお渡しとなります。施工完了まで1~2ヶ月お待ち頂くことになりますので何卒ご了承下さい。なお、ご購入日より1年間が動作保証の対象となります。


ヌーベル・レマニア ref.9658 3レジスタークロノグラフ 42mm 1970年代 cal.1874


1970 NOUVELLE LEMANIA Chronograph ref.9658 cal.1874 SS

ヌーベル・レマニアの2レジスターのクロノグラフです。搭載されているキャリバー名”cal.1874”は、ブライトリング、タグホイヤーなどのクロノグラフにも採用されおり、精度や耐久性共に手巻きクロノグラフの歴史的傑作との呼び声も高く、同社の中でも長い歴史を持つ名機です。 オメガでも、このキャリバーをベースに若干の改良(17石から18石へ)が加えられ、Cal.861/863へと名を変えてスピードマスター・プロフェッショナルに搭載されました。オメガのフラッグシップモデルであるスピードマスター歴史上で最も長く採用され続けたことからも、このキャリバーが名機であることを物語っています。

オメガの代表作スピードマスターなどのクロノグラフはレマニアのムーブメントを流用して製造したのが始まりとされています。スイスの国策事業で、レマニアは最終的にクロノグラフ開発と一部の技術がETA 社へと引き継がれ、現在もその技術がオメガの時計に応用されています。(現在、ETAもオメガもSwatchグループ) そして、レマニアの天才時計技師アルベール・ピゲは僕の大師匠にあたります。

カテゴリー: ヌーベル・レマニア社クロノグラフ
制作期: 1970年代
製法: ref.9658、cal.1874、ステンレス、手巻き、17石、社外製NATOバンド
サイズ: 直径42mm(竜頭を含まず)

A&Oオンラインストア
http://aando-since1993.net/?pid=134523080

※ 本品をお買いあげの際には、弊店の保証約款上、分解掃除ののちお渡しとなります。施工完了まで1~2ヶ月お待ち頂くことになりますので何卒ご了承下さい。なお、ご購入日より1年間が動作保証の対象となります。


テーブルランプのベース 1920年アールデコ期 ブロンズ 19


アンティークのガラスシェードを電気テーブルスタンドランプにするためのベース。素材はブロンズです。許容w数は、100wまで。
電球は、口金B22Dをお買い求め下さい。 日本では唯一、ELPA朝日電器(株)さんが製造しています。

※画像で見切れているガラスシェード、シェードを固定するギャラリーは別売品です。

カテゴリー: テーブルスタンドランプ ブロンズフレーム
年代: 1920年頃
原産: フランス
製法: 真鍮
サイズ: 高さ 50cm
コンディション: 良好です。ヒビ、欠けなどの損傷はありません。
仕様: シェードホルダー(ギャラリー)が付属しませんので首の無いシェード用です。 首有りシェードを付けたい場合はホルダーを外してご使用ください。 シェードホルダーも販売していますのでご要望の方は一緒にお買い求めくださいね。

blh1 口径4.8~6.0cm
blh2 口径7.5~8.5cm
blh3 口径10.0~11.0cm

バカラ Nancy(ナンシー) オールドファッション 1930年 複数在庫あり cg-21


バカラのオールドファッション。オンザロックでは定番のグラスです。「ナンシー」はフランスのローレーヌ地方ナンシー市の名が付けられたカット技法のシリーズ。当時、ナンシーは世界最高峰のガラス工芸で栄えた街で、バカラの主要拠点の一つとして現在も所在しています。 底部にエッチングサインがありますので、1930年以降の製造です。

カテゴリー: バカラ
制作期: 1930年以降
原産: バカラ(フランス・ローレーヌ地方)
製法: クリスタルガラス、カッティング
サイズ: 高さ9.5cm 口縁の直径7.5cm 底部直径7.0cm

Baccarat
1764年、戦争で衰えた経済力を復興させようと、フランス・ロレーヌ地方の司教、モンモランシー・ラバルが、国王のルイ15世に「国内にガラス工場の設立を認めてほしい」という請願状を送った。国王は、これを承認。ロレーヌ地方の南部にあるバカラ村に工場が建てられた。村には深い森と清流があり、窯に必要な薪を供給できる豊富な森林、工場のエネルギー源となる河川の水力といった、ガラス製造に必要な条件に恵まれていた。ガラス工場は1789年のフランス革命の影響で一時、経営困難な状態に陥るが、1816年に、若き実業家、エメ=ガブリエル・ダルティーグが買収。クリスタル工場へと変身させ、高級クリスタルの製造がスタートした。
1823年、フランス国王ルイ18世がグラスセットを注文をしたのをはじめ、バカラ製品は国王、皇帝(ナポレオン三世)、大統領らに愛用された。1867年と、1878年のパリ万国博覧会ではグランプリを受賞した。
20世紀に入り、バカラの創造の幅を広げたのが若手デザイナー、ジョルジュ・シュヴァリエ。アール・デコの美しく洗練されたラインを取り入れ、今に続く、動物彫刻の作品を制作。クリスタルアートの新しい分野を確立した。
以後、「最良の素材、最高の技術、そしてそれを受け継ぐこと」をモットーに「王者のクリスタル」と呼ばれる。バカラのクリスタルが一つの形となるまでには50‐60の過程を経て、その中にはフランスで最優秀の職人のみに与えられるM.O.F.の称号を持つものも含まれる。

バカラ Capri(カプリ) 15.3cm 1930年 複数在庫あり cg-23


バカラのカプリ。フラワーモチーフのエッジが可愛らしいリキュールグラス。果実酒、シェリー酒、アイスワインなどにお薦めです。「カプリ」はカプリ島のことで、イタリア南部のティレニア海にある島。約10km2程度の小さな島ですが、風光明媚な土地として知られ、『青の洞窟』と呼ばれる海食洞があることでも有名です。 底部にエッチングサインがありますので、1930年以降の製造になります。

カテゴリー: バカラ
制作期: 1930年以降
原産: バカラ(フランス・ローレーヌ地方)
製法: クリスタルガラス、カッティング
サイズ: 高さ15.3cm 口縁の直径6.5cm 底部直径7.0cm

Baccarat
1764年、戦争で衰えた経済力を復興させようと、フランス・ロレーヌ地方の司教、モンモランシー・ラバルが、国王のルイ15世に「国内にガラス工場の設立を認めてほしい」という請願状を送った。国王は、これを承認。ロレーヌ地方の南部にあるバカラ村に工場が建てられた。村には深い森と清流があり、窯に必要な薪を供給できる豊富な森林、工場のエネルギー源となる河川の水力といった、ガラス製造に必要な条件に恵まれていた。ガラス工場は1789年のフランス革命の影響で一時、経営困難な状態に陥るが、1816年に、若き実業家、エメ=ガブリエル・ダルティーグが買収。クリスタル工場へと変身させ、高級クリスタルの製造がスタートした。
1823年、フランス国王ルイ18世がグラスセットを注文をしたのをはじめ、バカラ製品は国王、皇帝(ナポレオン三世)、大統領らに愛用された。1867年と、1878年のパリ万国博覧会ではグランプリを受賞した。
20世紀に入り、バカラの創造の幅を広げたのが若手デザイナー、ジョルジュ・シュヴァリエ。アール・デコの美しく洗練されたラインを取り入れ、今に続く、動物彫刻の作品を制作。クリスタルアートの新しい分野を確立した。
以後、「最良の素材、最高の技術、そしてそれを受け継ぐこと」をモットーに「王者のクリスタル」と呼ばれる。バカラのクリスタルが一つの形となるまでには50‐60の過程を経て、その中にはフランスで最優秀の職人のみに与えられるM.O.F.の称号を持つものも含まれる。

バカラ Capri(カプリ) 13.7cm 1930年 複数在庫あり cg-22


バカラのカプリ。フラワーモチーフのエッジが可愛らしいリキュールグラス。果実酒、シェリー酒、アイスワインなどにお薦めです。「カプリ」はカプリ島のことで、イタリア南部のティレニア海にある島。約10km2程度の小さな島ですが、風光明媚な土地として知られ、『青の洞窟』と呼ばれる海食洞があることでも有名です。 底部にエッチングサインがありますので、1930年以降の製造になります。

カテゴリー: バカラ
制作期: 1930年以降
原産: バカラ(フランス・ローレーヌ地方)
製法: クリスタルガラス、カッティング
サイズ: 高さ13.5cm 口縁の直径6.0cm 底部直径6.2cm

Baccarat
1764年、戦争で衰えた経済力を復興させようと、フランス・ロレーヌ地方の司教、モンモランシー・ラバルが、国王のルイ15世に「国内にガラス工場の設立を認めてほしい」という請願状を送った。国王は、これを承認。ロレーヌ地方の南部にあるバカラ村に工場が建てられた。村には深い森と清流があり、窯に必要な薪を供給できる豊富な森林、工場のエネルギー源となる河川の水力といった、ガラス製造に必要な条件に恵まれていた。ガラス工場は1789年のフランス革命の影響で一時、経営困難な状態に陥るが、1816年に、若き実業家、エメ=ガブリエル・ダルティーグが買収。クリスタル工場へと変身させ、高級クリスタルの製造がスタートした。
1823年、フランス国王ルイ18世がグラスセットを注文をしたのをはじめ、バカラ製品は国王、皇帝(ナポレオン三世)、大統領らに愛用された。1867年と、1878年のパリ万国博覧会ではグランプリを受賞した。
20世紀に入り、バカラの創造の幅を広げたのが若手デザイナー、ジョルジュ・シュヴァリエ。アール・デコの美しく洗練されたラインを取り入れ、今に続く、動物彫刻の作品を制作。クリスタルアートの新しい分野を確立した。
以後、「最良の素材、最高の技術、そしてそれを受け継ぐこと」をモットーに「王者のクリスタル」と呼ばれる。バカラのクリスタルが一つの形となるまでには50‐60の過程を経て、その中にはフランスで最優秀の職人のみに与えられるM.O.F.の称号を持つものも含まれる。

アンティーク フクロウのフィギュア 陶器 ブロカント 大中小


フクロウのフィギュア。詳細については不明ですが100年ぐらい経っていると思われます。古今東西縁起モノです。可愛いです♪ 大中小からお選びください。

カテゴリー: 磁器フィギュア
制作期: 1900年頃
原産: フランス
製法: 陶器
サイズ: 大6.5cm 中10.0cm 小6.5cm

リモージュ焼 CFH GDM窯 デミタスカップ&ソーサー 1880年頃フレンチロココ limo-18


1880年頃、CFH GDM窯(Charles Field Haviland/Gerard, Dufraisseix Morel)の アンティークリモージュのデミタスカップ&ソーサー。 ピンクのグラデーションデザインは、フレンチロココ過度期とアールヌーヴォーの兆しをどことなく感じられる時代のお品です。 フローラルパターンにアンティークのリモージュ焼特有のカオリンから焼成されたアイボリーな色艶が素敵な一品なのです。

カテゴリー: CFH GDM窯(リモージュ焼)
作成年代: 1880年頃
原産国: フランス(リモージュ地方)
サイズ: カップ 高さ6.0cm 直径6.5cm ソーサー直径12.3cm
コンディション: 金彩禿げ少なくヒビ欠けございません。たいへん良好です。

大きな真鍮ドアハンドル ペア 40.8cm 英国アールデコ期 アパレル、レストランなどに bh689


職人の手によって一つ一つ丁寧に作られたアンティークの金具。ゆっくりと長い時間をかけて使い込むことで建物に馴染んでいきます。 そういう金具に触れていると、その建物が歩んできた歴史と当時の上質な雰囲気をちょっとだけ身近に感じさせてくれそうなのです。

1920年頃、英国アールデコ期に作られた真鍮無垢のドアハンドル。 シンプルなステップ形の擬宝珠デザインに洗練されたクオリティーを感じます。 イタリアンやフレンチレストラン、アパレル関係の店舗ドアなどにお使い頂きたいです。  ”Re-claimed”という、アンティーク建具から取り外した物を薬剤で丹念に磨き仕上げたレストア品です。 経年で風化していく無垢の真鍮ならではの味わい深さお愉しみ頂けます。 画像の通り カート数量1=ペア で2個1組になります。

長さ40.8cm 幅7.5cm 高さ6.5cm 座金幅6.3cm

アンティーク仕様で新築・リフォーム改築を検討されるユーザー様にお薦めです。
建築・インテリア関係の業者さんなら、上記のようなクライアント様へのプレゼンとしてもご利用いただけます。 飲食店や旅館などの事業者さま、各種施設のオーナー様にもご購入実績があります。

アンティーク建築金物の基礎知識

大きな真鍮ドアハンドル ポール形 ペア 45.8cm 英国アンティーク bh687


職人の手によって一つ一つ丁寧に作られたアンティークの金具。ゆっくりと長い時間をかけて使い込むことで建物に馴染んでいきます。 そういう金具に触れていると、その建物が歩んできた歴史と当時の上質な雰囲気をちょっとだけ身近に感じさせてくれそうなのです。

1920年頃アールデコ期、巨大な真鍮ドアハンドル。 イギリスの古い店舗のドアに付けられていました。 シンプルなポール形です。 画像の通り カート数量1=ペア で2個1組になります。

建築のディテールは、金具が決め手です! こだわりのインテリア・エクステリアを目指すユーザーさんに是非どうぞ。

長さ45.8cm 幅7.5cm 握り径2.5cm 高さ6.5cm 座金5.6×4.5cm

アンティーク仕様で新築・リフォーム改築を検討されるユーザー様にお薦めです。
建築・インテリア関係の業者さんなら、上記のようなクライアント様へのプレゼンとしてもご利用いただけますよ。 飲食店や旅館などの事業者さま、各種施設のオーナー様にもご購入実績があります。

リモージュ焼 B&C窯(バーナード) サラダプレート6枚セット 深皿 20cm 1900年頃 limo-21


1880年頃、B&C窯(Bernardaud & Co.)の アンティークリモージュのサラダプレート6枚セット。(画像では4枚ですが6枚セット)
グリーンとゴールドのボタニカルモチーフで、清々しいデザインです。 フローラルパターンにアンティークのリモージュ焼特有のカオリンから焼成されたアイボリーな色艶が素敵な一品なのです。
バーナード窯は高品質なカオリンを使用するので大変透明度の高い製品で格付けは上位の窯です。

カテゴリー: B&C窯(リモージュ焼)
作成年代: 1880年頃
原産国: フランス(リモージュ地方)
サイズ: 直径20cm
コンディション: 金彩禿げ少なくヒビ欠けございません。たいへん良好です。