Rolex
ロレックス
創業 1905~
スイス・ジュネーヴ

 

ハンス・ウィルスドルフ

 
 

 

 

 

 

 

 

 

ロレックスは、全ての部品を自社製造しているマニュファクチュールであり、なおかつその大部分でクロノメーター認定を受けているスイスの時計メーカーである。
20世紀初頭に時計商社としてイギリスで創業したが、当時は時計関税が高額だったため以後漸次スイスに拠点を移し、その過程でメーカー化した。
懐中時計が主流であった当時、早くから腕時計の利便性に着目し、1926年に別会社である「オイスター社」が開発し、それまでの腕時計と比較して防水性が格段に高い「オイスターケース」を実用化、1931年に自動巻き機構「パーペチュアル機構」や日付が午前零時頃に一瞬で切り替わる「デイトジャスト機構」を発明、腕時計で初めてクロノメーターの認定を受けるなどロレックスは実用的な機械式腕時計メーカーとして不動の地位を築き今日に至っている。
なお、ロレックス自身が子会社や提携企業など社歴を正式に公表しておらず不明な部分が多い。 スイスの時計業界をリードし続け世界規模のメーカーでは希なケースと見なされている。
 


 

ウィルスドルフ&デイビス→ロレックス・ジュネーヴ

  • 1881年3月22日 - 創業者ハンス・ウィルスドルフ (Hans Wilsdorf) がドイツのバイエルン州クルムバッハに誕生。
  • 1900年 - ハンス・ウィルスドルフがスイスのラ・ショー゠ド゠フォンにあるクリオ・コンテンに入社、イギリスへ時計を輸出する仕事に就いた。
  • 1903年 - ハンス・ウィルスドルフがイギリスのロンドンに移った。
  • 1905年 - ロンドンのハットンガーデン86番地に義兄弟デイビスとともにウィルスドルフ&デイビスを設立、当初は時計商社であり、ジャン・エグラーの機械を輸入して時計を製造販売した。
  • 1907年 - スイスのラ・ショー゠ド゠フォン、レオポルド通りロバート9番地に事務所を開設。
  • 1915年11月15日 - ウィルスドルフがドイツ語の名称であり1914年に始まった第一次世界大戦の影響からイギリス向けの輸出に支障があるためロレックス・ウォッチカンパニー'に社名変更した。
  • 1920年1月27日 - スイスのジュネーヴ、マルシェ通り18番地にモントレ・ロレックス (Montres Rolex S.A.) 設立。
  • 1931年 - 技術部長のエミール・ボレが自動巻のパーペチュアル機構を発明。
  • 1933年 - パーペチュアル機構の特許を取得。
  • 1960年 - ハンス・ウィルスドルフ死去。

 
 

ジャン・エグラー→ロレックス・ビール

  • 1878年 - 創業者ジャン・エグラー (Jean Aegler) がスイスのビールに時計製造工房を設立した。
  • 1881年 - ビールのレープベルクに工場を建設しマニュファクチュールとなった。
  • 1891年 - ジャン・エグラーが死去し、妻のマリア・エグラーが跡を継ぎ、ジャンの子オットー・エグラーとヘルマン・エグラー兄弟が輔佐した。
  • 1896年 - ヘルマン・エグラーがアンクル式脱進機を採用した小型エボーシュを作成した。
  • 1902年 - アンクル式脱進機を搭載した女性用腕時計の量産を開始した。
  • 1910年3月22日 - 腕時計として世界で初めてスイス時計製造協会のクロノメーター認定に合格。
  • 1912年 - イギリス植民地への輸出業務をビールに移転。ジャン・エグラーがロレックス・ウォッチ・エグラーSA (Rolex Watch Co Aegler S.A.) に社名変更した。
  • 1915年11月15日 - エグラーSA・ロレックス・ウォッチカンパニーに社名を変更した。
  • 1914年 - 本社をスイスのビールに移転した。
  • 1926年 - グリュエンへのムーブメント供給を始めた。
  • 1936年 - マニュファクチュール・デ・モントレ・ロレックス・エグラーに社名を変更し、ロレックス向けの専業となった。エミール・ボレが経営に参画した。
  • 1944年 - へルマン・エグラーが死去し、へルマン・エグラーの姪エマ・ローザの長男エミール・ボレが跡を継いだ。
  • 1963年 - ロレックス・ビールとなった。
  • 1967年 - エミール・ボレ死去し、子のハリー・ボレが跡を継いだ。現在でもボレ家が経営し、ベルン州立銀行が信託を受けて監督している。
  • 1972年 - グリュエンの工場を買収した。

 
 

ロレックス・ルロクル

  • 1968年 - ロレックス・ジュネーヴとロレックス・ビールが共同で設立した。

 
 

ロレックス全般

  • 1908年7月2日 - 欧州のどこの国の言葉で読んでも同じ発音になるように考えられた造語「ロレックス」をラ・ショー゠ド゠フォンで商標登録
  • 1926年 - 王冠のトレードマークを使い始める。(※王冠ではなく、カエルの手のひらという説も一部ある。)
  • 1926年10月28日 - オイスターケースの特許を申請。
  • 1927年 - この年からダイアル、ケース、ムーブメントの全てにロレックスの銘が入る。メルセデス・グライツが遠泳でドーバー海峡を横断、その際ロレックスオイスターを使用し世界の注目を集めた。
  • 1927年9月21日 - 捻じ込み式竜頭の特許を取得。
  • 1943年 - この頃チュードルブランドが登場する。
  • 1945年 - デイトジャスト機構の特許を取得。デイトジャストとデイトを発売。
  • 1953年 - エクスプローラー(I)発売。サブマリーナー発売。
  • 1954年 - GMTマスター発売。
  • 1960年1月23日 - 特殊モデルがアメリカ海軍の深海潜水艇バチスカーフ、トリエステの外側に取り付けられ、世界一深いマリアナ海溝チャレンジャー海淵最深部に到達した。
  • 1961年 - コスモグラフ・デイトナ発売。
  • 1971年 - シードウェラー発売。エクスプローラーII発売。
  • 1972年 - オイスタークォーツ発売。
  • 1983年 - GMTマスターII発売。
  • 1992年 - ヨットマスター発売。
  • 2008年 - ディープシー発売。デイデイトII発売。
  • 2009年 - デイトジャストII発売。
  • 2009年 -ディープシーの「DEEP SEA」表記が商標権侵害に当たると日本の時計メーカーエルジンに提訴され、敗訴。
  • 2012年 - スカイドゥエラー発売。
  • 2013年 - F1の公式計時を開始。









 

取材協力